失敗のないビジネス

沢田です。

私のブログにお越しいただきありがとうございます。

ネットビジネスは一人でやるより、たくさんの仲間や師匠がいると楽しくやれるしスピードが

まったく違います。

IMG_6438

雲一つ無い青い空を撮りたかったのに・・・今日は(ヾノ・∀・`)ムリ

 

雲一つ無い青い空

を、自由に

思いっきり飛んでみたい!

自由に飛べる青空があれば

そしたら・・・高級車も高級時計もいらない!(お金は要る)

車は雨風をしのげる屋根があればいい

でもあまりにもオンボロだと恥ずかしい

あ・・・でもやっぱりキャンピングカー

は、日本一周に絶対必要だし・・・要る

お金も!ヽ(;▽;)ノ

「あなたは、自由に飛べる青空をもっていますか?」

私は、今カイロプラクティックの仕事をしているので
手が空いた時に、テレビを見たり、音楽を聴いたり

ネット検索をしたりできるので、カゴの中には
違いないですが、狭いながらも自由に飛べる

青空はチョッピリならあります。

会社員時代は・・・そんな時間なんて

あるわけない!

私は、それで会社をやめました!

15年前のこと

他にも理由はいっぱいでした。

でも・・・今思うと・・・正直

よく辞めたな!というか、辞めれたな

という複雑な思いも・・・

不安よりも期待の方が大きかったから
できたと思います。

辞めるにしても・・・辞めないにしても

大きな決断がいります。

でも今の方がいろんな選択肢があって

絶対におすすめは、ネットビジネス

リスクも本当に低い、無いに等しいです。

もしも、会社をどうしょうか迷っている人は、

後の生活が不安で家族や大切な人がいるなら

会社を辞める必要は全然ないです。

私もそうしています。今は

あなたが、

ネットビジネスのことを知ったなら

行動しないことは

本当に

勿体無い!!!

まずは、

0 (ゼロ)⇒1を目指します。

そしてそれができたら

5万円⇒10万円を目指します。

これくらいなら会社や今の仕事をを辞めなくても
私もそうしています。

充分達成できる目標だと思います。

最終目標は・・・でっかく!

 

 

 「失敗のないビジネス」

お金がないという、ただそれだけのことのために、
今も不自由な暮らしを強いられている人はたくさんいます。

毎日自由が欲しいと自由が欲しいと思いながら、
わずかな時給と引き換えに自分の貴重な時間を売り
ながら

人は誰しも自分らしく自由に生きるべきだと思います。

なんと言っても人生、一度っきりですからね。

欲しいものも、やりたいことも我慢して、
大切な人にもたくさんのものを我慢させながら、

お金や生活のために働くだけで年老いて死んでいく…

そんなのはあまりにも悲しすぎます。

それでもいい!

って人

そんなふしぎな人って、

いるかな?

私は、単にお小遣い稼ぎをしたくて

ネットビジネスをしたいわけではありません。

月2万や3万といったお小遣いなら正直誰でも
稼げると思います。

が、
そんなお金を稼いだところで永久に自由には
なれないからです。

最低でも月数十万以上は稼げないと意味がないと
思います。

“ネットビジネスで自由な人生を手に入れるには”

パソコン1台あれば、好きな場所で、好きな時に、
普通のサラリーマンの数倍、あるいは数十倍のお金を、
ほとんど働かずに生み出すことができる方法です。

自由なんか興味なくて、今の生活に心底満足
している人は対象外です。

アフィリエイトというネットビジネスの、
本当の威力は?

副業や内職向きのビジネスとして紹介されることが多いので、
お小遣い稼ぎにしかならないと勘違いしている人が多いですが、
とんでもない話です。

例えば旅行中にメールを2~3通書いて、
数十万数百万円のフィリエイト報酬を稼ぐ人も

いたり、何をしていても自由

サラリーマンの平均年収を、
旅行しながら稼ぐ人も。

私の場合
上を見たらホントにきりがない!

下を見たら・・・ほとんどと言うか
全然いない((´Д`;)

そっか

現実は厳しい・・・ですな

今のところ・・・は・・・です。

でも・・・明日は・・・わかりませんョ!

アフィリエイトの自動化にも取り組んでいる人は

何もしなくても毎日10万円~20万円報酬が発生している人も。

嘘だと思うような数字ですが、

ということは

うちの師匠も・・・だよネ!

こんなに〇〇〇でいるんだ!

よーしがんばるゾ!

たくさんの仲間や師匠がいるから
楽しく頑張れます。

ところで

あなたは、

どうする?

今のままでいいんですか?

 

 

 

今日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

ブログランキング押して頂けるとうれしいです。

よろしくお願いいたします。また来てくださいネ!

 

 

 

コメントを残す