80点でいい、100点万点はいらない

 

IMG_7511

 

 

ビジネスにおいては100点満点を目指すより

80点でいい時のほうが多い

かと言って、いつでも80点のほうが
いい訳ではないので

時と場合によりけりです。

あなたのように真面目な人ほど、
ビジネスや自分自身の仕事において100点満点を

目指そうとしがちです。

(俺のようにズボラで大ざっぱはいかんですたい)

 

仕事が丁寧な人ほど、こういった傾向が強いと思います。

もちろん、仕事が丁寧であることは非常にいいことだし、

その人自身の強みにはなることなので

否定はできません。

 

が、
しかし、

作業対効果

を考えた時に、

常に100点満点を追及することが重要かというと、

決して、そうではないことが多い

たとえば
ユウチューブのおもしろ動画画像とかで

超クオリティーが高い100点満点の動画であっても、

再生回数が思ったように伸びなかったり

それに比べて
80点くらいの動画であっても、

ビックリするくらい再生回数が伸びる場合が往々にしてある

1時間も2時間も時間をかけて、

100点満点の動画を作成するよりも、

短時間でサクッと80点くらいの動画を作成したほうが

最終的な再生回数が多かったりする

要は、

「その時々における目的は何か?」

ということが重要になってくる。

たとえば、
納期のある仕事で100点満点の提案書を作っても、

提案日に間に合わなければ意味がない

間に合わずに提案ができないのならば、

80点のクオリティーでもいいので、

提案日に間に合わせるべきだ。

 

結局、ビジネスの最終目標は利益を出すことです。

であれば、

100点満点のクオリティーを目指すだけでなく、

80点のクオリティーでスピードを重視すべき場面も出てきます。

その時々やビジネスの性質によって、

クオリティーを重視するのか、

スピードを重視するのかを判断していくと、

利益の最大化が図れるはずです。

丁寧さはいいことなのですが、

丁寧過ぎることは機会損失にもつながりかねないのです。
(1度のチャンスを逃すと2度と巡って来ないかも知れません)

そう...2度とです

でも次にもっと大きなチャンスがあるかもしれないし
人生なんて失敗することのほうが多い

 

二度無き人生・青春...悔いなく生きるって、
とても難しい、できない

失敗したら
次、頑張ろ...それでいい

一度っきりのこともあるし
何度でもできることも

それこそ、
人生いろいろ

この辺は臨機応変に対応していくしか...
そう、それしかない

どっちにも取れる
ちょっといい加減な感じも

神様を信じる人は...神様に

相談できる人、頼りになる人がいれば
その人に...相談

悩み多き人生・・・最終的には

自分の
決断で...

ということ

 

 

 

私のブログにお越し頂き最後まで読んで頂き
ありがとうございました。
ブログランキングを押して頂けるとうれしいです。
よろしくお願いいたします。

 

 

2件のコメント

  • 沢さん
    こんばんは ナオトです。

    100点満点より、80点のほうがいい時が多い。
    確かに、100点満点の完ぺきを求めていると、
    時間的にも、精神的にもゆとりがなくなってしまい、
    他の作業がおろそかになってしまいますね。

    沢さんがおっしゃる通り、
    100点満点が重要かどうかを
    考えた時、80点でもいい場合のほうが
    圧倒的に多いですよね。

    それの内容の目的をしっかり把握して、
    スピードなのか、クオリティーなのか、
    見定めることが大切ですね。

    今回の記事、非常に勉強になりました!
    また、お邪魔させていただきますね。
    これからも宜しくお願いします!
    応援ポチ完了しました^^

    • discover-j

      ナオトさん、
      私のブログにコメントをいただきありがとうございました。
      最近、スパムメールが沢山届いていて困っていたのですが
      何とか対策できたようです。
      ナオトさんへのコメントが大変遅くなり申し訳ありません。

      訪問頂き感謝です。
      こちらからもナオトさんの応援と
      いろいろ参考にさせていただきます。
      こちらこそよろしくお願いします。

コメントを残す