見たらダメ!...今日の記事は見ないでください!

この記事は見ないでください!

o0800060012178788278

ここは、「危険なので立ち入り禁止!」

って言われたら

あなたは?

 

俺だったら・・・

どんな行動をするかは

人それぞれ、

だと、

思います。

 

.

大量に届くメールボックスをなんとなく見ていて

「開封しないでください」

「このメールは絶対見ないでください!」

という件名のメールがあると、気になりませんか?

強く否定されたり

人はある行動を禁止されると、余計にその行動を取りたくなってしまう

カリギュラ効果

マーケティングに使われる心理学の1つであり
とても効果の高い手法である

実はこれがカリギュラ効果と呼ばれるもので、
あなたも今までになんども経験があると思います。

また、子供のころに
「〜〜しちゃダメだよ」と言われると、
無性にしたくなってしまったこととか、経験ありませんか?

カリギュラ効果というのは、
人の行動をあえて禁止すると、

逆に、その行動をしたくなる心理のことをいいます。

マーケティングとして広く使われており、

雑誌などの
「袋閉じ」もこのカリギュラ効果の一つの例です。

閉じられていると中身が気になってしまう。
女性のヌード雑誌等に多く見かけます。

TVとかだとモザイクだったり、
ピーという効果音で本当の音を隠すことだったりします。

「買ってください買ってください!」
おすすめですぜったい買ったほうが良いです

とか言われると、買う気も失せますよね。

買い物に行った時、店員に付きまとわれたりすると
うっとうしくて嫌ですね、用事がある時に呼ぶからほっといてよ!
って言いたくなります。

面白おかしくやっている叩き売り等は、多少強引でも興味をひきますけどね。

時と場合によるってことです。

ネットでも「新規登録受付終了しました。」とか、

もう受付できない(受付禁止されている)となると、欲しくなってしまうものです。

このようにカリギュラ効果はいろんな場面で応用が効くので
アフィリエイトをやっている人は知っている人が多いかなと思います。

ただこれを一つのセールスシチュエーションで多用しても効果は薄れるし
やりすぎは、逆効果なので

バランスが大切です。

 

私のブログにお越しいただきありがとうございました。
そして最後まで読んでいただけてうれしいです。
ブログのランキングの応援どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

コメントを残す